FC2ブログ
空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by りきmama  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

やっと、逢えた。。。

そして、本格的陣痛と言われてから約1日近く経ち、
やっと、7月26日、16時15分、1895g
の小さな男の子が誕生しましたは-と

産声をあげません。。。
仮死状態での誕生。。。
『私の赤ちゃん、生きてる?』
モウロウとする意識の中で、不安と心配で、
背後で産声が出なかった事で、急いで先生方が処置をしてくれてる様子を
見ようと思いましたが、良く、見る事が出来ません。。
処置後も、産声をあげては、くれませんでした。。。

その後、主人が我が子を抱き、嬉しさと様々な感情から
堪え切れなかったのでしょう。。。小さな我が子を腕に抱きながら、
涙してました。。。

私は、『泣いたら、誕生した事を我が子に後悔させてしまうのでは…!?』
『誕生して、やっと逢えたのだから、悲しむより喜びを強く持とう』
『泣いてる姿よりも笑顔で居る、泣かないでいる、
ママの姿をリキの記憶に残したい』
など、様々な想いから、『泣かない』と決めてました。。。
(もしかしたら、亡くなってしまうかもしれないという現実を
認めたくなかっただけかもしれません。。。)

そして、助産師さんが、私の隣に寝かせてくれました。。
クッキリ二重のパパ似の小さな男の子キラキラ

本当にカワイイキラキラ

私は、小さな手に自分の人差し指を差し出したけど、
指を握ってくれる気力もないみたいです。。。
そんな息子に代わり、私が小さな手を握りました。。。
『温かい』

『頑張ったねうふやっと逢えたねBrilliantママだよ。。。男の子だから”リキ”だねLOVE

すると、『あっ』としゃっくりにも似た、小さな声を出してくれました。。。
リキにとったら、これが精一杯の”生まれてきたよ~”という
『産声』なのだと思いました。。。
『しゃべったっうふそれとも苦しいの?苦しい思いをさせてごめんね』
と喜びとは裏腹にそんな言葉が出てきてしまいます。。。

小さなおてては、お腹に居た時のままなのか、小さなおててで、
口元を隠してました。。。

『ママにそのカワイイお顔を良く見せてね。。。』
隠されてた口元が出てきました。。。
『パパそっくりだねうふ

少ししてから、助産師さんの配慮で形だけでおっぱいを息子の口に
あててもらえました。。。

話しかけるとタイミングよく、『あっ』という愛おしい息子。。。

こんなことなら、出産後にスグに出る様に
マッサージとか、しとけばよかったなぁ~涙

『リキにとって大切な母乳、リキの為の母乳』

『ガンバレっ!!!でも、今までたくさん頑張ってきたんだよね。。。』
そんな感情が沸いて来ます。。。

その間、主人は、悲しみなどを堪え、私の希望の1つの
涙しながら写真と動画を一生懸命に撮っていてくれました。。。

そんな主人に本当に感謝です涙
『アリガトウと感謝しても、仕切れません。。。』

そして、希望の1つだった、『おばあちゃん、おじいちゃん達に
生きてる、リキを家族に抱っこさせてあげたい』
そして、『リキにも限られた時間の中で、たくさんの愛情を感じて欲しい、
たくさんの温かさを感じて欲しい。。。あなたは、こんなに沢山の人に
愛されてるんだよ。。。という事を感じて欲しい。。。』
たくさんの想いがありました。。。

限られた時間の中でたくさんの愛情や温かさを感じて欲しかった。。
満たしてあげたかったんです。。。

『あなたは、生まれてきて良かったんだよ。。。』
きっと、お腹の中で、窮屈な環境の中、
一生懸命に生きて、本来なら居心地の良い、お腹の中なのに、
窮屈な環境で自由もなく、育ってきた息子。。。
リキなりのいろんな感情があったと思います。。。

小さな身体でお産にも堪え、一生懸命、頑張った息子。。。
お腹から出たら、お腹の中でしか、
身体が正常に対応出来ない息子は、
お腹から出てしまった瞬間苦しい思いをすると思います。。。
だから、せめて、苦しい想いだけで、
リキの中を埋めつくしたくありませんでした。。

生まれてきたことを後悔させたくは、ありませんでした。。。
たくさんの愛情の中で、限られた時間の中で、
愛情を感じ、その愛情から
『僕、生まれてきて良かったよ。。。』という感情に
してあげたいと思ったからでした。。。

少しでも、『幸せ』を感じさせてあげたかったから。。。

その後、おばあちゃん達は、私の処置の為に
別室に戻り、そして、希望だった、
『生きてる時に親子3人で過ごす時間を過ごしたい』
私の産後の処置もあり、それは、叶わなかったけど、
でも、先生方や助産師さん、携わった方のおかげで、
『生きてるリキ』と満足した時間を過ごせました。。。
処置の間、痛くて、落としてしまう事が怖く、
主人に抱っこしてもらってたのですが、
『もう少しで、終わるからね。。。今、ママが抱っこしてあげるから待っててね。。。』
と何度も話かけていました。。。

暫くしてから、主人が『もう、ダメだよ。。冷たくなってきたよ。。。』
と泣きながら私に訴えてきました。。。

その後、スグに処置が終わり、私の腕の中へと戻ってきました。。。

もう、『あっ』という声も聞けません。。。
泣かない様にしても、現実が否応なしに襲ってきます。。。
『泣かない、泣いてはダメだっ!!!』と
強く思っても、一粒、二粒と涙が流れてきます。。。
泣かないように笑顔をします。。。

再度、おばあちゃん達が呼ばれて、
先生がリキの状態を確認します。。。
先生の口から『17時21分、ご臨終です。。。』と
頭を下げられました。。。

もう1つの希望だった、私の腕の中で息を引き取りました。。。

りきへ…
リキ、良く、頑張ったねぇ~。。。リキは、本当に親孝行だね。。。
パパ、ママの子に生まれてきてくれて、本当にアリガトウね。。。

りき、短い時間で、パパママの愛情は伝わりましたか?
ちゃんと、愛せてましたか?
愛情を感じれましたか?生まれてきて、良かったと思えましたか?
たくさんの愛情を胸に旅立つことが出来ましたか?
りき、あいしてるからね3はーと
大好きだよjumee☆thanks1


スポンサーサイト
by りきmama  at 16:15 |  出産~産まれてきてくれてありがとう~ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
かえるくん時計

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

りきmama

Author:りきmama
はじめまして!!2006年7月26日に誕生した、息子は、生後間もなく、天国へと旅立ちました。生後間もなくして、天国に旅だった息子ですが、私にとって、掛け替えのない、大切で愛おしい息子です(*^ー^*)息子と過ごした日々や天国にいる息子への想いを息子を感じながら綴っていけたらと思ってます。

いくつになったの ver2
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
無料で試聴出来るので、良かったらどうぞ♪
       
その他の言語
日本語
English
中文版
한국어
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
最近のトラックバック
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。